第8回 勉強習慣は小さな一歩から! [ベビーステップ] のベビーではない超パワー

alt="ベビーステップ” 勉強方法
スポンサーリンク

勉強を始めた人の
「習慣化することがいいのは分かったんだけど、なかなかね…」
「スケジュールは立てたんだけど、一歩目が重たいんだよね…」
「スタートダッシュは出来たんだけど、失速してしきてしまったよ…」

といったことで悩んでいる方の解決策を
現場の経験とノウハウからシェアしますね

☑本記事のテーマ

ベビーステップの力で大きな力を手に入れる
脳科学や心理学でよく出てくる「ベビーステップ」という言葉をご存知でしょうか
赤ちゃんのような歩み・一歩という意味です
こんな小さな力で、どんな大きな力を手に入れられるのか
見ていきたいと思います
本ブログの動画もあります
第8回 登録販売者 勉強やる気出ない 【やる気は出すものではない!】

小さな力の大きな力

ヒトは誰しも、色々考えたりすることを嫌がる生き物らしいです
考えることも嫌がるので、行動することなんて尚更です
現状維持が楽で、そのままでいいよー というものらしいです

例えば

朝、起きなくてはいけないのは分かっているのに起きられない…
でも遅刻するから…  しょうがない起きるしかない!

僕はこれを毎日思っています。みんなこうではないですか?
でも、起きてしまえばフトンの中のあの気持ちなんて覚えてすらいなくないですか?
これがベビーステップのチカラです

天津飯くん
天津飯くん

それあるよねー

ボーっとテレビ見ていると面白くなくても動けないとかもいつもだよ。

たまごさん
たまごさん

ありますよね。頭の中では分かっているんだけど動けない事って。
でもそこで体を動かしてしまうということです。
動かしてしまうと、さっきまで頭で考えていたことなんて忘れて
次の事を考えて体はどんどん動いてくれるようになっています。

 

このように、ベビーステップ=赤ちゃんのような一歩 が
大人の僕たちには多くの事が出来てしまう行動に繋がるということです

だから、勉強においては
机に向ってみる とか 過去問を1問解いてみる
みたいな一歩で大丈夫です

考えることが嫌いな僕らでも、ちょっとだけなら脳のストレスにもならないそうです

習慣化に繋がる理由

そうは言ってもこれがどうして習慣化に繋がるのか

理由は「脳」が慣れるからです

試験を受けるために勉強を始めるということは
大きなストレスが働きます
今まで考えなかった事を考えなくてはいけないからです
でもそれは、「大きな」ことをしようとするからストレスで
続かなかったり、気が乗らなかったりするそうです

なので、このベビーステップを使って「小さな」ことをすればいいのです

小さなことを繰り返していると、だんだん脳が慣れます
歯磨きの様に勉強も、5分10分くらい平気になります

 

たまごさん
たまごさん

歯磨きもなぜかこだわって2.30分磨いてしまうときとかありませんか?

天津飯くん
天津飯くん

あるかもしれない。歯を磨くって1日に何度か当たり前に磨くしね。

たまごさん
たまごさん

ですよね。
勉強も同じで、やり始めてしまえば1問解くだけではきっとやめられないという事になると思います。
そして、歯磨きのように1日に何度か勉強し、寝る前に勉強しないと気持ち悪くて寝られない!という風になっていきます。

 

天津飯くん
天津飯くん

そういうものですかね。難しく考えずにちょっとやってみるようにします!

これは、ちょっとやるつもりだったのに、結果として結構勉強したなぁ
ということになり易いです
最初からこれから1時間やるぞ!と脳に大きいストレスを加えなくても、
結果は同じくらい勉強している自分がいる ってことです

これが「慣れ」です

ちょっとなら頑張れる「慣れ」を作って

ちょっとを何度もやることを繰り返していると

それは、いつの間にか「習慣化」になっています

まとめ

以上がベビーステップで、習慣化という大きな力にする話でした

このことは色々な方が言っていますし、習慣に関わる本にもよく出てきます
僕はそれをただマネしているだけです

僕がマネから学んだことは

  • 気持ちっていうものは、行動の後についてくるものである
    だから、「やる気」は出すものではなく、出てくるものだってこと
  • 小さなことでも「出来た」ということが自信になる
    自分が自分を受入れ、褒めてあげることって大きな変化に繋がるってこと

です

 

登録販売者に合格したあとのお話になりますが、
現場で登録販売者に合格した従業員が怖がることは「接客」です
知識がうまく使えるか心配で声を掛けに行くということがなかなか出来ません

なので僕は「あの人風邪薬見て、さっきから悩んでるから声掛けておいで」と
背中を押してしまいます
きっと1人だったら、頭で色々考えて動けないと思いますが
背中を押されて体を動かしてしまえば、後は話をするしかないということです
話をし始めてしまえば、自分が悩んでいた心配なんて全然見当外れで、
ちゃんと接客できるものです
そして、誰もがだんだん慣れていきます
これもベビーステップですよね

この日のために、試験勉強も頑張りましょう◎

 

たまごさん
たまごさん

第1回~第7回の記事は、勉強するために必要な事をシェアしましたが、いざそれをやるってことは「大きいこと」なのでストレスです。

たまごさん
たまごさん

なので、ベビーステップの話をまとめてみました。
この話をふまえて前の記事を見てもらえると、もう少しストレスなく
考えられるかもしれません。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました

youtubeでこういった動画もあげているので、是非ご覧ください
その他にも、過去問の解説動画をあげています
勉強は自分で調べて繰り返すことに意味があると思っていますが、
答えだけでなく問題の解き方考え方も分かると思うので良かったらご覧下さい

また、この記事での参考図書です
登録販売者に限らず、働くことのためになりました








 

コメント

タイトルとURLをコピーしました